筋トレって何から始めればいいの?

2 min 179 views

こんにちは!カメしゅんです。

この記事は、

「筋トレダイエットを始めるはいいけど、いったい何から始めればいいの?」
を、解決することができる内容になっています。

大きい筋肉を鍛える!

単刀直入に、まず鍛えたほうがいいのは3つの大きい筋肉になります。
具体的に大きい筋肉とは、足(太もも)背中の三ヶ所になります。

ざっくりとメニューを言うと

  • 足・・・スクワット
  • 胸・・・腕立て伏せやベンチプレス(ジムに行けるなら)
  • 背中・・背筋や懸垂

といったかんじです。

えっ?私はぽっこりお腹をへこましたいのに、腹筋はやらなくていいの?


と思ったあなた。
よくわかります。
僕も最初はそう思ってました。

なぜ大きな筋肉から鍛えるかというと
それは体脂肪が燃える仕組みに理由があります。

体脂肪を燃やしてくれるのは筋肉

あなたの体脂肪を燃やしてくれるのは、あなたの筋肉です。

体脂肪を燃やしてくれる筋肉が大きければ大きいほど
より多くの脂肪燃焼効果が望めます。

したがって、小さい筋肉を時間をかけて一生懸命鍛えるよりも、大きい筋肉を鍛えた方が同じ運動量でもたくさんの脂肪を燃焼してくれるというわけです。

自動的に鍛えられる小さい筋肉

それから、大きい筋肉を動かすと
同時にそれに付随する小さい筋肉も勝手に鍛えられます。

背中で一番大きな筋肉である広背筋を懸垂で鍛えるとすると
広背筋とつながっている、大円筋(脇の下にボコッと出てくる筋肉)や僧帽筋(首から肩や背中とつながっている筋肉)なども同時に鍛えられます。
これらの筋肉は、狙って鍛えてるわけでもないのに広背筋を鍛えるだけで勝手に鍛えられちゃうんです。

割れた腹筋も細いくびれもまずこの三ヶ所から

バキバキに割れたシックスパックの腹筋も
メリハリの利いた細いくびれも
まずは筋肉のまわりに覆いかぶさっている体脂肪をそぎ落とさない限りはどうやっても手に入れることはできないので、体脂肪を効率よく落とすために筋トレを始めるなら

まずは3つの大きい筋肉である
足、胸、背中
を鍛えるという理由がわかってもらえたかと思います。

足、胸、背中のメニュー紹介

実際にどんな筋トレをやっていくかですが、僕は今でもYouTubeで色々なトレーニング方法を調べながら自分のメニューをオリジナルで組んでいます。

実際に結果を出すことができた僕が筋トレ開始時(初心者)のときにやっていたメニューをご紹介します。

足のメニュー

・スクワット 

・ランジ 

胸のメニュー

・(プッシュアップ)腕立て伏せ

腕立て伏せを正しいフォームで行うと、実は腹筋にかなりの負荷がかかってきます。これも自動的に鍛えられる筋肉の一つの例で、腕立て伏せだけしかやっていないのに腹筋が割れてきたという話は筋トレあるあるなんです。   

背中のメニュー

・バックスクイーズ
・リバーススノーエンジェルホールド

背中は自分では見えない部分だから、見た目の劣化に気づかずおろそかにしがちです。
自分では見えない部分だからこそ、しっかり鍛えましょう。

また、背中のトレーニングを自重でやるなら圧倒的に効果が高い種目である懸垂があるのですが、初心者の方には難易度が高いのと、なにより懸垂はぶら下がれる場所がないとできないのであえて上記の2種目をあげました。もしぶら下がれる場所がある場合は懸垂をぜひやってみてください。

ちなみに、上記メニューの動画は僕が初心者の時に何度も何度も繰り返し見てお世話になった動画です。

ダイエットは深く考え悩むより、とりあえず始めてみることが結果が出るのがいちばん早いので、早速今日からでも始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA